オフィス見学予約
TOP > オフィスの移転・改装 >

オフィスコンセプト設計

オフィス
コンセプト設計

お客さまのビジョンや課題をヒアリングし
お客さまに合った働き方とオフィスのコンセプトをご提案いたします。

オフィスコンセプト設計

PLACE2.5のオフィスコンセプト設計

お客さまの本質的な想いを
見つけるヒアリング。
価値のあるオフィスに繋がる
コンセプトづくり。

企業の働き方は10社10色。お客さまに「どのように働きたいのか?」「どのような点を改善したいのか?」といった具体的な内容を、現地調査も行いながら深くヒアリングしていきます。

ビジョンや課題を基に、オフィス構築によって成し遂げたいことを言語化し、長期的な視点を持ったコンセプトを設計していきます。

コンセプト設計に沿って創られたオフィスは、企業イメージの向上や優秀な人材の確保といった、ブランディング効果も期待できます。

オフィスコンセプト設計

より具体的なオフィスのイメージを
描くため、ワークショップや勉強会、
社員アンケートを行うことも可能です

ワークショップ

ワークショップ

社内で企業価値観を共有するために、幅広い部門・役職・年齢の方に参加いただき、ディスカッションしていただきます。世代間の働き方に対する考え方のギャップを理解しつつ、経営者・役員の考えを周知していきます。

働き方勉強会

働き方勉強会

最新のオフィスの事例紹介や製品のご紹介、フリーアドレス化や社内のコミュニケーション活性化の効果についてなど、様々な働き方の勉強会を開催します。

社員アンケート

社員アンケート

各個⼈が抱えている現状の課題や改善点、理想の働き方や方動調査を行い、社員様が自分らしく働ける環境を可視化します。改装前と改装後のアンケートを実施することで課題がどれほど改善されたのか効果検証を行うこともできます。

事例

PLACE2.5のオフィスコンセプト
設計事例

case-suzuyo

海の玄関口で人と自然に溢れるホームグラウンド
「清水港」のような、活気のある空間

Case.1オフィスコンセプト設計事例

鈴与株式会社様

1801年、静岡県清水港で廻船問屋として創業した鈴与株式会社。鈴与グループのリーディングカンパニーとして、物流、商流、建設、食品、情報、航空、地域開発、その他サービスなど、200年を超える歴史と140余社のグループ会社で、幅広い分野に挑戦を続けています。

経営理念

「共生(ともいき)」

企業さまのビジョン・課題

01.

クリエイティビティを発揮し、自ら考え、行動する力を身に付けたい

02.

常に時代の変化に対応し、世の中の暮らしと社会をより明るくしていく人材を育てていきたい

03.

本館1階の使われていないスペースに、誰もが自由に出入りができ、コミュニケーションや集中作業が行えるワークスペースを創出したい

04.

必然的なミーティングだけでなく、普段からコミュニケーションがとれるエリアにしたい(ABWに挑戦したい)

当社からのご提案

Concept

LIGHT HOUSE~共す・灯す・友す~

ホームグラウンドである本社ビル1階にある「LIGHT HOUSE」は立ち寄りやすく、人をみつけやすく、声がかけやすい。 多くの人の知性や感性・情報が入り乱れて活気のあるLIGHT HOUSEはまるで、海の玄関口で人と自然に溢れるホームグラウンド「清水港」のような、活気のある空間をイメージしました。 素材の触り心地や、空間がつくる心地よさなど、画一的でないデザインがひらめきや創造性、集中力を高めて、社員が自分らしく、誇りをもって自発的に行動できる環境を創造することで、「共生」精神のもと、ひとりひとりが最高のパフォーマンスを発揮できる「HOME GROUND」を目指します。

counter_chair01
sofa01
table_sofa01
drawing

清水港の海と、港のデッキをイメージし、クリエイティビティを刺激する、五感に響くインテリアコーディネート。

人々が交わり新しい価値を生み出す、多様な働き方を実現するため、人通りが多い階段側(図面右)から、出入りがしやすい配置計画。

部屋の奥に進むにつれて、「集中ゾーン」へ繋がります。

case-suzuyo

自分らしく、イキイキと働き、一人ひとりが
活躍できる空間

Case.2オフィスコンセプト設計事例

株式会社エル・ローズ様

1979年福井市文京にて創業。衣料品(インナーウェア等)、健康食品、美容品等の企画・製造・販売を行う。 2021年、坂井市丸岡町に、「環境配慮型のエコな建物」「バリアフリーな設計」「従業員がワクワクするワークプレイス」の3つにテーマを掲げた新拠点「グラン・ゲート」が稼働しました。 「グラン・ゲート」はエネルギーの自立を含む地球環境や就労環境、地域環境への配慮により、「CASBEE® A評価」「ZEB ready」認証を取得。DALIシステムを導入し、この2つの基準をクリアした建築物としては北陸初となります。

ブランドメッセージ

「暮らしを変える、明日(あした)を変える」

企業さまのビジョン・課題

01.

自社製品のようにナチュラルテイストを取り入れ、エコに配慮した建物にしたい

02.

スターバックスのようなカフェエリア(休憩スペース)をつくり、社員がイキイキと働ける環境にしたい

03.

会社の顔になるような場にして、リクルート活動でも活用したい

04.

社員はもちろん、社員とお客様の交流スペースとしての機能も備え、活発にコミュニケーションを行える場にしたい

当社からのご提案

Concept

PALLET NATUREパレットナチュレ

man_woman_desk02

「自分らしく働いてほしい」という想いから「純粋な」という『Pure』、環境に配慮している面から『Nature』、それらをを混ぜ合わせた『PALLET(建物)』を合わせ、コンセプトを『PALLET NATURE(パレットナチュレ)』に設定しました。 新社屋をひとつのパレットに例え、社員ひとりひとり、企業と地域の皆様、そして製品の情報やアイデアが混ざり合い、新しいカラーを作っていくことをイメージしました。 エル・ローズ社員の皆様がありのまま、自分らしく、活き活きと働き、1人1人が活躍できる空間。そして、リクルーティングでの活用や活発にコミュニケーションが行われるよう、明るくワクワクできる空間にしたい想いも込められています。

desk_chair02
counter02

コンセプト設計後のデザイン設計・施工時には就労環境の快適さ、ジェンダーに配慮した設備、環境にやさしい素材を選択するなど、さまざまな角度から就労環境を見つめ、ワークスタイルにフィットする空間を創り上げました。 さらに、地産地消・福井に根付く企業らしさを表現するため、一部の会議室に、福井県産のスギ材を使用した大型ミーティングテーブルを設置。エントランスの受付カウンターには越前和紙を使用し、越前海岸の海岸線をなぞったデザインを採用しました。

コラム

オフィスの移転・改装におけるコンセプト設計の考え方

man_woman_desk03

01

コンセプトをつくることで「働きやすさ」と「企業らしさ」を叶える

コンセプトは、「オフィス環境をこうしたい」という目的を指す最終的なゴールであり、全員の共通認識になるものです。一貫したコンセプトがあると、オフィスの移転・改装の過程で内容や目的にズレが生じにくくなります。その結果、うまく活用できない・働きにくいオフィス環境が出来上がったり、思ったようなオフィスにならないという問題を未然に防ぐことができます。機能面とコンセプトを両立しながらオフィスを構築することで、「企業らしさ」をかなえる空間を実現することができます。

02

コンセプトはオフィスを「仲間の居場所であり、企業のビジョンを映し出す空間」と位置付けるプロジェクトの道しるべ

コンセプト設計により、オフィスを移転・改装するまでにたどる道筋を導き出し、プロジェクトが進む上で何をやるべきなのか、共通認識を図ることができます。新しいオフィスを自分たちのホームとして、「仲間の居場所であり、企業のビジョンを映し出す空間」と位置づけるために、コンセプトという共通言語・旗印が道しるべとなります。

Office

オフィス一覧・オフィス見学予約

全国9拠点にて、
PLACE2.5のオフィスを体感できます。

日本橋/TOKYO

西葛西/TOKYO

岡崎/AICHI

名古屋/AICHI

札幌

仙台

さいたま

大阪

福岡